スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.07.27 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    慢性的な腰痛

    0


      色々治療したけれど、一向によくならないのは、内蔵疾患由来のを除いて、姿勢検査すると

      多くは痛いほう側に身体がねじれ、そちらに重心がかかっていることが多いです。



      普段右足あるいは、左足一方に体重をかけるような、立ち方、動き方をしていれば、いつまでも改善しません。

      また背中、肩甲骨辺りが硬ければ、どんな動きをしても腰に負担がかかるので、腰痛は解消しません。


      当院では身体のねじれを改善し、重心の位置を正し、バランスの悪くなっている側筋の縮みを取る施術します。

      また、動きの検査をします。

      1体幹の3つの動きの異常
      2股関節の動きの異常
      3腹筋のはりの異常
      4手のつかいすぎからの異常

      の4つのどれから来ているかの判断し症状にあった筋膜ラインの施術していきます。

      最後に胴体トレーニングの3つの動き、特に丸める、反らすで背中を柔軟にすると、一層効果が上がります。


      ホームページはこちら🔻
      祖師ケ谷大蔵 ストレッチ専門整体 ボディストラクチャー


      腰痛と便秘の関係性

      0
        こんにちは!今日も暑いですね。30度以上気温があがっているのでエアコン使っているところも少なくないのでは?

        さて今日は、腰痛と便秘の関係性について書きますね。


        腰痛と便秘って別々の症状と思いがちですが、密接な関係があります。

        それは便秘によりお腹がはってさまざまな症状を誘発します。


        ▼腸腰筋性(ちょうようきんせい)腰痛



        腰椎と太ももの骨をつないでいる筋肉(腸腰筋:ちょうようきん)が硬くなり、腰の骨をを前に引っ張り、通常よりも腰が反りすぎて痛くなる腰痛です。

        腸は腸腰筋の前に位置する臓器なので、腸腰筋が硬く緊張していると、腸も緊張して硬くなります。そのため、便を押し出すぜん動運動が緩慢になり、便秘を引き起こしてしまうのです。

        便秘が続くことで、大腸内の悪玉菌が増えて、その腐敗発酵によって有害物質が生成するために、血液が徐々に有害物質で汚染されます。

        この有害物質が血液に入り、さまざまな症状を起こすようです。

        例えば、冷え性、肩こり、頭痛、イライラ。。。

        他には、肝機能が毒素の解毒で過労状態になり機能が低下して疲労感、新陳代謝の低下などがあります。



        対策

        腸は歩行によって動かされ刺激される臓器ですので腸が動けば便秘解消しやすいですし、血液がしっかりと腸まで届きます。
        ☆お風呂でゆっくり温まったり、リラックスする時間をとる。また適度な運動をすることで、代謝もアップします。
        ☆食事で気を付けるならゴボウなどの食物繊維を多く含む食材や、乳酸菌を含むヨーグルトなどを夜寝る前にとるのも良いとされています。
        ☆身体の
        歪みによって便秘と腰痛が同時に引き起こされる場合もあるため、デスクワークなどで骨盤に歪みを感じている方は、ボディストラクチャーで骨盤や姿勢の状態を確認し、バランスを整えていくと効果的です。
         

        | 1/1PAGES |