スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.07.27 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    西太后のアンチエイジング

    0

      歴史上の悪女として名高い西太后(せいたいごう)
      西太后といえば、中国の絶対権力者。憎いライバルの女性の手足を切り落とすなど残酷な行為をしたことで印象に残ってます。
      そんな西太后ですが、74歳になるまで、シミ・シワ・白髪が無かったそうです。認知症の症状とも無縁で人生を送ったというから驚きます。

      映画などの影響でかなりイメージが悪いけど、

      実は繊細で怖がり。

      亡き夫に代わって、政治の表舞台に

      立たざるえをなかった普通の女性でした。

      そんな彼女のパワーのみなもとは、

      おいしくてカラダにやさしい食事

      私たちが『薬膳(やくぜん)』と呼んでいる料理です。

      薬膳は、中国の宮廷で生まれました。

      究極の目的は“不老長寿(ふろうちょうじゅ)”

      現代の私たちのことばで言えば、アンチエイジングです。

      70代でも、白髪もなく、シミやしわがなかったと

      言われる西太后。

      その西太后の食事の秘密は?

      書籍:「西太后のアンチエイジングレシピ」 (阪口珠未)の中に隠されています。

      ちょっとだけ、秘密の一部をご紹介します。

       よく食べていたものは?

      1.山イモ

      2.くるみ

      3.黒ごま

      4.鶏手羽

      5.大根

      特に気をつけていたことは?

      1.けっして冷たいものは口にしない

      2.花のお茶でアロマテラピー

      3.お肉を食べる

      4.消化のよいものを食べる

      現代女性は仕事、家庭、遊び、美容、おしゃれ・・・どれも大事にしたい。

      普段の食事でカラダをセルフケアして、さらに美しくいられれば、最高です。

      西太后のいっけんわがままにみ見える美へのこだわり。

      でも、現代に生きる私には、ごく当たり前に感じます。

      西太后が今生きていたら、きっと人生を最高にエンジョイしていたことでしょう。

      好奇心旺盛で行動的な西太后を見習いたいですね!

      ボディストラクチャー


      元気な人の特徴

      0
        こんにちは!

        今回は今更ですが以前流行った医学博士渡辺さんの

        鈍感力という本について書いていきます。




        年齢をとっても元気な人は、ほとんど他人の話をきかない傾向があります。

        たまにきいても、はいはいと聞き流しているだけで、その分自己中心的というか、

        ナルシスティックです。

        悪くいうと、自分勝手、ともいいますが、

        このあまり他人のいうことを気にしない、

        きかないところが、健康の秘訣ではないかと思います。

        あまりくよくよせず、他人に嫌な事を言われてもすぐ忘れる。

        このいい意味での鈍さが、精神の安定と心地よさにつながり、

        ひいてはそれが血の流れをスムーズに保つ事になります。

        現在、さまざまな病気・身体の痛みの予防や治療のことがしきりに言われてますが

        難しいことを考える必要はありません。それより、健康である為にもっとも

        大切な事は、いつも全身の血がさらさら流れる事です。

        その為には全身の血管がいつも開いている事が必要で

        この血管をコントロールしているのが自律神経という神経です。

        人体のほとんどの血管は、神経によってコントロールされています。

        この神経は自律神経と言われていて、そのなかには

        交感神経・副交感神経の二つがあり、

        この両者はお互いに相反するように働きます。

        交感神経はいらいら・緊張・不安などが高まると

        血管を狭め、血圧をあげます。

        副交感神経はこれと逆に、血管を広げ、リラックスさせ

        血圧をさげるように働きます。

        穏やかでリラックスした状態、楽しいとき、うれしいとき

        気分が爽やかでたくさん笑ったり、まわりが温かいときなどに

        血管が開きます。

        いつも明るく、リラックスこれが血の流れをよくするための

        最良の方法です。

        日々血の流れを良くする事当たり前ですがシンプルにすごく大事な事ですね。

        今後またいろいろな本の紹介をしていきます。興味ある方は一読してみてくだい。


        ボディストラクチャー


         

        | 1/1PAGES |